エストロゲンを増やして美容と健康を維持しよう|効率よく摂取する

婦人

女性ホルモンの補給の注意

スタイル

大豆イソフラボンの摂取法

女性にとってホルモンバランスの異常によって生じてしまう肌のトラブルや薄毛、いらいらや憂鬱などの様々な症状はしばしば耐え難いものになります。その改善を行うための根本的な方法として減少してしまっているエストロゲンを増やすということができるのは周知の事実となってきました。大豆イソフラボンがその代表的なエストロゲン様作用を有する成分であり、サプリメントで利用することは多くなってきています。しかし、サプリメントでの摂取が進む一方で、大豆そのものに含まれる他の成分に対する見直しが進んでいるのも事実です。カルシウムやタンパク質、脂質などの身体に必要な栄養を含んでいることが注目されるようになってきており、大豆そのものから大豆イソフラボンを摂取するという動きが強まっていくでしょう。

摂取量への注意事項

大豆イソフラボンを摂取する際には目安量があるということは知っておくべきことです。日本においては一日の上限値として70〜75mgが設定されています。これは意外に少ないということに注意しておくべきでしょう。大豆がエストロゲンの減少対策として良いと思ってあまりしっかりと食べてしまうと過剰摂取になってしまいがちになります。エストロゲンの補充のために摂取するという考えでも大豆食品を食べるときには注意が必要です。豆乳では300mL、豆腐は一丁、納豆は2パック程度で上限量にほぼ到達してしまうことになります。朝は豆乳、昼は豆腐、夜は納豆と食べてしまうと簡単に越えてしまう上限値であるということは留意が必要でしょう。